タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. トピックス>
  3. 2011>
  4. 当社のビオラが「農林水産大臣賞」を受賞!

トピックス|2011

当社のビオラが「農林水産大臣賞」を受賞!

2011年05月24日

当社が品種開発したビオラの新品種「K9-888」が、第56回全日本花卉品種審査会で1等特別賞に輝き、さらに「農林水産大臣賞」を受賞しました。

同審査会は、2010年11月5日に鳥取県農林総合研究所園芸試験場で実施され、出品された26品種(パンジー2品種、ビオラ24品種)のなかから当社のビオラが最高得点を獲得しました。受賞理由は、花色が白から青紫へと色変わりする品種である点と、株が花で覆われるほどの多花性で同時開花輪数が多く、また株ぞろいにすぐれている点が高く評価されたものです。

パンジー・ビオラは、農林水産統計によると2009年には1億7,750万ポットの生産があり、財団法人日本花普及センターの2009年品目別取扱数量調査では苗物全体の15.4%を占めるなど、重要な品目として位置づけられています。

なお、「農林水産大臣賞」授賞式は5月18日に東京・上野にて開催された「日本種苗協会総会」にて行われ、当日は当社社長・坂田 宏、当社掛川総合研究センター副場長・関晶夫が出席のもと賞状とカップが授与されました。

■中川雅博ブリーダーから一言
さまざまな新品種が出品されてくるなか、「K9-888」が「農林水産大臣賞」を受賞できたことをたいへんうれしく思っております。育てやすく、よく咲くビオラをつくり出すため、試行錯誤してきましたが、ようやく形になってきました。この品種のようにコンパクトな株に多数の花が咲く品種をシリーズ化していくため、育種をさらに進めていきたいと思っております。


■参考:「農林水産大臣賞」について
それぞれの審査会毎に、各品種の合計得点を百点換算し、標準偏差および偏差値が算出されます。出品点数、1位の得点、偏差値、1位と2位の得点差などについて考慮しながら、得点順、偏差値順を主として判断し、順位づけが行われます。さらに、出品品種が本来の特性を発揮し、審査会全体としてレベルが高いものであったか、また、上位入賞品種が以前に行われた同品目の審査会と比較し、内容的に同等以上であったかなどを総合的に判定し、施設切り花部門から1点、花壇花類部門から1点の合計2点が農林水産大臣賞候補として推薦されます。
 

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.