タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. トピックス>
  3. 2010>
  4. 8月25日、JR佐倉駅北口駅前広場で「サンパチェンス」の植栽活動を実施

トピックス|2010

8月25日、JR佐倉駅北口駅前広場で「サンパチェンス」の植栽活動を実施

2010年08月25日

株式会社サカタのタネは、「花のまち」を目指す千葉県佐倉市に賛同し、当社が開発した環境浄化植物「サンパチェンス」600鉢を寄贈し、JR佐倉駅北口駅前広場および「千葉国体2010」のカヌー会場となる「佐倉ふるさと広場周辺」などに植栽していただくことになりました。

佐倉市は、「花のまち」を目指して環境美化を進めており、2011年5月28日~6月3日には、同市で「第12回国際へリテージローズ会議」も開催されます。

また、現社長・坂田 宏の父である、坂田正之(当社二代目社長)の実父・旧伯爵の堀田正恒氏は、佐倉藩主・堀田家の出身で、その実兄・堀田正久氏は佐倉市長を務めたこともあることから、旧くより佐倉市とはたいへんゆかりが深いことも「サンパチェンス」を寄贈することになった背景となっています。

そして、8月25日(水)、JR佐倉駅北口駅前広場にて、蕨 和雄佐倉市長、佐倉市造園建設業協同組合の皆さま、そして当社社長・坂田 宏出席のもと、「サンパチェンス」の植栽活動を行います。なお、寄贈した600鉢のうち、160鉢をJR佐倉駅北口駅前広場に、残りを千葉国体のカヌー会場となる「佐倉ふるさと広場」や佐倉警察署敷地内などに植栽されます。
   
「サンパチェンス」は、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)や、おもに自動車などの排気ガスに含まれる環境汚染物質の二酸化窒素(NO2)、シックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒド(HCHO)できわめて高い吸収能力を発揮し、大気汚染の軽減効果のある「環境浄化植物」として注目されています。

また当社では、佐倉市がレスリング、カヌー、ターゲットバードゴルフの開催地となっている「千葉国体2010」にも、「サンパチェンス」の苗7,000鉢を寄贈させていただいております。


※ 第12回国際へリテージローズ会議:
同会議は、世界バラ会連合(The World Federation of Rose Societies, 略称 WFRS)が主催しているもので、同連合は各国を代表するバラ会で構成され、現在日本を含む41か国が加盟。1968年に発足以来、3年ごとに世界大会「国際へリテージローズ会議」を開催し、バラ研究の進展、情報の交 換、世界のバラ愛好家の親睦などを図っている。

■千葉県佐倉市における環境浄化植物「サンパチェンス」植栽イベント

◆開催日時および会場  
2010年8月25日(水)午後3時  JR佐倉駅北口駅前広場

◆概 要
蕨 和雄佐倉市長、佐倉市造園建設業協同組合の皆さま、そして当社社長・坂田 宏出席のもと、「サンパチェンス」の植え込み作業を実施します。

 <進行スケジュール>
15:00  植え込みイベント開始
・蕨市長と坂田がそれぞれ数株ずつ「サンパチェンス」を植栽
・造園建設業協同組合(約15名さま)、佐倉市民カレッジ佐倉地区同窓会環境美化グループ(約10名さま)と集合写真撮影
15:30 終了
  
ご参考:サカタのタネの「サンパチェンス」について

当社が開発した「サンパチェンス」シリーズは、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)や、おもに自動車などの排気ガスに含まれる環境汚染物質の二酸化窒素(NO2)、シックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒド(HCHO)できわめて高い吸収能力を発揮することが、浦野 豊氏(東京大学博士・農学 生態工学会理事)との共同研究の結果、実証されました。本件は、2008年3月25日付で発表し、各方面からたいへんな反響を得ています。

「サンパチェンス」の最大の特長は、生育が画期的に旺盛なことです。従来のニューギニア・インパチェンスが1株約20~30㎝の大きさなのに対し、「サンパチェンス」は1株で鉢植えの場合約60㎝になり、露地植えでは約1mもの大株になります。もちろん、花壇用のみならず鉢栽培用としても利用できます。

開花持続性も優れており、夏の高温期から秋の低温短日期まで長く楽しめます。また、花梗(花の軸の部分)が長く、葉を覆うように咲く「オーバーフラワリング」という性質と、花径約6㎝の大きな花はトロピカルなイメージの鮮やかな花色で、遠くからでもよく目立つため、夏の庭や花壇のイメージを一新するインパクトのある品種です。

「サンパチェンス」は、品種名の由来でもある「サン(Sun)=太陽+ペイシェンス(Patience)=忍耐」という特性により、暑さや強い日ざしに耐え、夏でもたくさんの花を次々に咲かせます。また、生命力が強く根張りがとてもよいため、強い風などにより倒れても、すぐに回復するとともに、花の弁質が厚くよいため、風雨にあたっても花が長もちするなど、厳しい気象環境に非常に強いことも大きな特長です。

このような特性から、一般家庭での鉢植えや庭植えでのガーデニングはもちろん、公園の花壇などの植栽にも好適な品種です。さらに1㎡あたり9株(パンジーなどの場合は25~36株/㎡)程度植えれば、1か月ほどで美しい花がびっしりとすき間なく咲きます。このため、広い面積の花壇などの植栽施工時の手間が省けることも大きなメリットです。


写真は「サンパチェンス オレンジ」

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.