タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. トピックス>
  3. 2010>
  4. 講談社とサカタのタネの共同開発『我が家でミニ野菜をつくる2 ミニニンジン』を刊行

トピックス|2010

講談社とサカタのタネの共同開発『我が家でミニ野菜をつくる2 ミニニンジン』を刊行

2010年05月28日

株式会社講談社(本社:東京都文京区、社長:野間佐和子)と株式会社サカタのタネ(本社:横浜市、社長:坂田 宏)が共同開発した栽培キット付きムック『我が家でミニ野菜をつくる』シリーズの第2弾、『我が家でミニ野菜をつくる2 ミニニンジン』が講談社新刊として、価格1,500円(税込み)で、2010年5月28日(金)から全国書店ルートを通じて販売されます。

このシリーズは、昨今の野菜栽培に対する消費者の高い関心を踏まえ、誰でも簡単に野菜づくりが始められることをテーマに、講談社の長年にわたる出版企画力と、サカタのタネのもつ野菜栽培のノウハウ、タネや園芸資材の供給力を結集したものです。栽培情報はもちろん、料理方法まで詳しく解説した冊子と、野菜栽培のためのキットがオールインワンでセットされた画期的なムックです。

現在好評発売中の創刊号(2010年3月26日刊行)はサカタのタネのオリジナル品種で人気のミニトマト「レジナ」です。

今回刊行される第2弾、ミニニンジン「ベビーキャロット」は、ミニトマト「レジナ」と同様にサカタのタネのオリジナル品種であり、ソーセージ型の極早生ミニニンジンで家庭菜園にぴったりの品種です。根はやわらかくて、甘みがあり、そのままの形で野菜スティックやサラダに手軽に利用できます。

■『我が家でミニ野菜をつくる2 ミニニンジン』の概要
発 売 日:2010年5月28日(金)
書 籍 名:『我が家でミニ野菜をつくる2 ミニニンジン』
体   裁:縦29.5センチ×横23センチ×高さ7.5センチ 冊子ページ数 20ページ
発 行 元:株式会社講談社(東京都文京区音羽2-12-21 )
共同開発:株式会社サカタのタネ(横浜市都筑区仲町台2-7-1)
販売価格:1,500円(税込み)
販売流通:全国書店

■内容
<冊子>~目次より~
① ミニニンジン「ベビーキャロット」づくり
②なぜ?どうして?Q&A
③10 分でできる!小さなおかず&おつまみ
④「ベビーキャロット」栽培ノート
<栽培キット>
①ミニニンジン「ベビーキャロット」のタネ(約200粒)
②オリジナル栽培ポット
③オリジナル培養土(3リットル)
④園芸用肥料「マグァンプK」
 


写真は『我が家でミニ野菜をつくる2 ミニニンジン』本体とそのキット内容

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.