サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. ニュースリリース>
  3. 2017>
  4. 『プロフュージョン レッド』が世界2大花き品評会で最高賞受賞

ニュースリリース|2017

2017年01月25日

『プロフュージョン レッド』が世界2大花き品評会で最高賞受賞
種間雑種のジニアにはない鮮やかな赤色、2017年から世界で種子を発売
 

サカタのタネが開発したジニア(ヒャクニチソウ)の新品種『プロフュージョン レッド』(=写真=)が、世界2大花き品評会とされる米国の「オール アメリカ セレクションズ※1」(AAS)の最高賞、欧州の「フロロセレクト※2」(FS)の金賞(最高賞に該当)を獲得しました。1つの品種が両方の賞を同時に受賞することはまれです。同品種の種子は2017年、日本を始め北米、ヨーロッパなど世界中で販売されます。



『プロフュージョン レッド』は、両方の品評会でその鮮やかな赤い花色が高く評価されました。ジニアは花壇向けの花の定番品目ですが、「プロフュージョン」シリーズのような種間雑種※3では、これまでに鮮やかな赤色の品種がありませんでした。同品種は、赤色が退色しづらく、真夏でも美しい花色を持続します。また、病気に強く、分枝性にすぐれ、株張りがよいため、花壇苗としての総合的なパフォーマンスが非常に高い品種といえます。ガーデニングから、公園や公共施設の花壇、テーマパークの植栽など景観用まで幅広く対応できます。

「プロフュージョン」シリーズは、1999年にジニアの種間雑種として当社が世界で初めて商品化しました。花の美しさと育てやすさを兼ね備えた同シリーズはジニアの利用価値を大幅に高めた画期的な品種として世界中で評価されており、これまで「同 チェリー」「同 ホワイト」「同 ダブル ホットチェリー」がAASとFSをダブルで受賞しています。
『プロフュージョン レッド』の希望小売価格※4は、1,000粒入りで4,000円(税抜)、プラントップ®苗は406穴、(保証本数380本)で6,080円(税抜)です。全国の種苗店、JAルートを通じて販売します。 


■AAS、FSの受賞品種多数、ジニア「プロフュージョン」

当社では、これまでにカーネーション「カンカン スカーレット」やパンジー「モルフォ」などでAASおよびFSの最高賞を受賞しています。中でも「プロフュージョン」シリーズは、今回受賞のレッドも含め6品種がAAS、4品種がFSの最高賞を受賞しており(ダブル受賞含む)、他の追随を許さない育種力の高さと品種としての高い完成度が裏付けされています。

「プロフュージョン」シリーズは、エレガンス種がもつ花色の豊富さや大輪性および早生性、それにアングスティフォリア種がもつ暑さや乾燥に強いといった耐候性、さらにジニアにとって致命的な斑点細菌病やうどんこ病に対する高い耐病性といった両種の長所を受け継いでいます。地域を選ばず春から秋にかけて長期間にわたり開花することや、手間がかからないため面積の広い花壇の植栽にも使いやすいこと、さらに欧米はもともとキク科の花が特に好まれ、世界中で高い人気があります。



「プロフュージョン」シリーズの植栽



■ラインアップ  (一重咲き10品種、八重咲き7品種 合計17品種)と受賞歴

タイプ 品種 花色 AAS,FS受賞歴
 
一重咲き
(シングル)
プロフュージョン レッド 退色しにくい鮮やかな赤色 2017年AAS、
2018年FS
プロフュージョン レモン 清涼感のあるレモンイエロー  
プロフュージョン チェリー 鮮やかな濃桃色 1999年AAS、
1999年FS
プロフュージョン ファイアー 鮮やかな赤橙色
 
プロフュージョン コーラルピンク サーモンがかった桃色  
プロフュージョン オレンジ 鮮やかな橙色 1999年AAS
プロフュージョン アプリコット 淡い橙色
 
プロフュージョン ディープアプリコット あんず色  
プロフュージョン イエロー さわやかな黄色  
プロフュージョン ホワイト さわやかな白色 2001年AAS、
2001年FS
八重咲き
(ダブル)
プロフュージョン ダブル チェリー 鮮やかな濃桃色  
プロフュージョン ダブル ファイアー 鮮やかな赤橙色  
プロフュージョン ダブル ゴールデン 明るい橙色  
プロフュージョン ダブル ホワイト さわやかな白色  
プロフュージョン ダブル ホットチェリー 退色しにくい鮮やかなチェリーローズ 2013年AAS、
2014年FS
プロフュージョン ダブル ディープサーモン 鮮やかなサーモン色
2013年AAS
プロフュージョン ダブル イエロー さわやかな黄色  

           
         
 
■ジニア「プロフュージョン レッド」の作型図







※1 オール アメリカ セレクションズ(All-America Selections):
1932年に発足した花や野菜の優良新品種の選定や普及・育成者の権利保護を行っている非営利機関。アメリカ、カナダの一般園芸愛好家に対し新しい花壇用花材を紹介、普及することを目的に活動しており、世界の主要な花種苗会社が競って新しい育成品を出品する園芸業界で最も権威のある業界団体である。北米大陸の大学、植物園、種苗会社など数十箇所で栽培試験され、栽培結果の優秀なものについて入賞品種が決定されるもので、「花のオリンピック」ともいわれる。花、花壇苗、冷涼期用花壇苗、野菜の4部門がある。

※2 フロロセレクト(Fleuroselect、欧州花き種苗審査会):
1970年に創設された花きの審査会で、エントリーされた品種をヨーロッパ各地にある30箇所で新規性、実用性を評価し、受賞品種を決定するもの。エントリーの条件が厳しいことから、各社厳選し自信作のみを出品している。フロロセレクトの受賞は品種開発者にとって誇りであるだけではなく、新品種の普及という営業的な面においても大きな効果があるとされている。

※3 種間雑種:
同じ属の、異なる種の両親の間にできた雑種第一代のこと。

※4 価格はすべて希望小売価格(税抜)です。価格の自主的な決定を拘束するものではありません。
 

ページの先頭へ

ニュースリリース

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.