サカタのタネ
  • 商品情報 総合案内サイト
  • English
  1. HOME>
  2. 企業情報>
  3. 沿革

沿革

1913年(大正2年) 創業者坂田武雄、欧米より帰国後「坂田農園」を設立。
1921年(大正10年) 日本の民間企業で初めて発芽試験室を設ける。
1930年(昭和5年) 茅ヶ崎試験場を開設し、多種類にわたる研究開発をスタート。
1934年(昭和9年) 全米審査会で世界初の完全八重咲きF1ペチュニア
「ビクトリアスミックス」初入賞。
1940年(昭和15年) 世界初のF1キャベツ「ステキ甘藍」を発表。
1942年(昭和17年) 企業合同により「坂田種苗株式会社」を設立。
1951年(昭和26年) 本社に売店部(現ガーデンセンター横浜)を設け日本の園芸店の先駆けとなる。
1959年(昭和34年) 長野県南安曇郡三郷村(現安曇野市)に三郷試験場を開設。
1960年(昭和35年) 神奈川県藤沢市長後に長後試験場を開設、野菜の育種農場として発足。
1961年(昭和36年) 神奈川県足柄上郡中井町に中井試験場を開設。
1962年(昭和37年) メロン「プリンス」を発売。
1965年(昭和40年) 坂田武雄、全米審査会メダリオン・オブ・オナー受賞。
キャベツ「金系201号」発売。
キャベツ「サボイキング」全米審査会入賞。
1966年(昭和41年) 神奈川県横浜市神奈川区羽沢町に羽沢事業所を開設、商品包装・発送の基地とする。
世界初のF1パンジー「マジェスチックジャイアントミックス」「ホワイトウィズブロッチ」全米審査会で銅賞。
1971年(昭和46年) スイートコーン「ハニーバンタム」を輸入発売。
千葉県君津郡袖ヶ浦町(現袖ヶ浦市)に君津育種場を開設、野菜の育種研究の拡大を図る。
1972年(昭和47年) 病害複合抵抗性トマト「瑞光」発売。
ホウレンソウ「アトラス」発売。
1977年(昭和52年) サカタ・シード・アメリカ設立。
ハウスメロン「アンデス」を発売。
1983年(昭和58年) 創業70周年。向ヶ丘遊園にてフラワーショウ開催。
1985年(昭和60年) サクラストハイテクシードを発売。
スイートコーン「ピーターコーン」を発売。
1986年(昭和61年) 商号を「株式会社サカタのタネ」と改称。
1987年(昭和62) 東京証券取引所市場第二部に上場。
ハクサイの花粉培養に成功。
ブロッコリーの葯培養に成功。
細胞質雄性不稔キャベツの育成に成功。
1990年(平成2年) サカタ・シード・ヨーロッパ設立。
東京証券取引所市場第一部に上場。
静岡県掛川市に掛川総合研究センターを設立。
北海道上川郡東神楽町に北海道研究農場を開設。
国際花と緑の博覧会(花の万博)に参加出展、 トルコギキョウ「キング オブ スノー」がグランプリ受賞。
1991年(平成3年) サカタ・シード・チリ設立。
1993年(平成5年) 創業80周年。掛川総合研究センターにてドリームショウ開催。
1994年(平成6年) サカタ・シード・ブラジル設立。
アグロフローラ社(ブラジル)買収。
1995年(平成7年) 神奈川県横浜市都筑区に新本社社屋竣工、移転。
1996年(平成8年) サカタ・サイアム・シード(タイ)設立。
サカタ・シード・イベリカ(スペイン)設立。
サカタ・シード・フランス設立。
サミュエル・イェーツ社(イギリス)買収。
1997年(平成9年) 青源種苗買収。韓国事務所設立。
1998年(平成10年) 坂田種苗(蘇州)有限公司(中国)設立。
フランスウショーに研究農場開設。
掛川総合研究センター内に研究棟開設。
1999年(平成11年) 全米審査会でジニア「プロフュージョン」2品種金賞受賞。
メイフォード社(南アフリカ)買収。
2000年(平成12年) 青源種苗をサカタ・コリアに改称。
驪州育種研究所(韓国)開設。
2001年(平成13年) 全米審査会でジニア「プロフュージョン ホワイト」が金賞受賞。
ヨーロッパ・アフリカの統括会社としてヨーロピアン・サカタ・ホールディング(フランス)設立。
アグロフローラ社をサカタ・シード・スダメリカに改称。
2002年(平成14年) ガーデンセンター横浜リニューアルオープン。
アルフ・クリスチャンセン・シード買収。
サミュエル・イェーツ社をサカタ・ユーケーに改称。
国内営業組織を変更し、全国4支店体制となる。
2003年(平成15年) 創業90周年。
デンフェルト社(デンマーク)の花き部門を買収。
サカタ・オーナーメンタルズ・ヨーロッパ設立。
ヨーローピアン・サカタをサカタ・ベジタブルズ・ヨーロッパに改称。
検査部(現品質検査部)が日本の民間企業で初めて、ISTA(国際種子検査協会)承認検査所の認証を取得。
2004年(平成16年) サカタ・シード・ヨーロッパをサカタ・ホランドに改称。
2005年(平成17年) 代表取締役専務 須田畯一郎が全米審査会メダリオン・オブ・オナー受賞。
クオリベジ・シード・プロダクション社(アメリカ)を買収。
2006年(平成18年) 栃木県矢板市に矢板物流センターを開設。
2007年(平成19年) 執行役員制度導入。
2008年(平成20年) メイフォード社をサカタ・シード・サザンアフリカに改称。
サカタ・シード・インディア(インド)設立。
生産管理部次長 別所雅夫が全米審査会ブリーダーズカップを受賞。
2010年(平成22年) F1キャベツ「青琳」が「平成21年度 農林認定品種」に認定。民間の開発品種で初。
2011年(平成23年) ガーデンセンター横浜 設立60周年、通信販売開始80周年。
サカタ・ターキー(トルコ)設立。
2013年(平成25年) 創業100周年。

1928年(昭和3年) 平沼本社の様子

完全八重咲きF1ペチュニア
「ビクトリアスミックス」
全米審査会で初入賞。

メロン「プリンス」

病害複合抵抗性トマト「瑞光」

ホウレンソウ「アトラス」

サカタ・シード・アメリカ

ハウスメロン「アンデス」

スイートコーン「ピーターコーン」

トルコギキョウ「キング オブ スノー」

掛川ドリームショウ

新本社社屋竣工、移転

坂田種苗(蘇州)有限公司

ジニア「プロフュージョン」2品種金賞受賞

ページの先頭へ

企業情報

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.